【 J.M.WESTON / 576 】オールソール&ライニングのリペア

【 J.M.WESTON / 576 】オールソール&ライニングのリペア

Aug 02, 2022

JMウエストンのロングウィングチップ、576。

定番のローファーやゴルフも良いですがこちらも素敵なデザイン。

残念ながら今では廃盤になっている様子。

今回はソールのメンテナンスでのお持ち込み。

ソールが傷んでいるのではないかと心配されていたようで

トゥとヒールのすり減りをチェック…

と思っていたら

ソールの中央が今にも穴が空きそうな状態。

ここまですり減っている場合はオールソールがベスト。

ライニングも確認させて頂くと

カウンターライニングの破れもありました。

今回はオールソールとカウンターライニングの

お修理をさせて頂きました。

まずはオールソール。

オリジナル同様レザーソールでお修理させて頂きました。

Leather All Soles Plan C

仕様はオープンチャネルやヒドゥンチャネルではなく

オリジナル同様ウエストン式チャネル仕上げ。

Vintage Steels

つま先にはヴィンテージスティールを。

新品時やオールソール後はソールの返りが無く

つま先がすり減りやすいのでおすすめの補強方法です。

エッジの雰囲気を損なうことなく仕上げています。

また純正のソールのウエスト部分に打たれていたサイズの刻印も

再現して仕上げています。

ウエストン式チャネルでのオールソール時には

このように刻印を再現させて頂きます。

トップピースもオリジナル同様にラスターヒールで交換。

ヒールの高さもオリジナル通りにしています。

Counter Lining

破れていたカウンターライニングには

ライニングに近い色味、質感の革を選定し

革が剥がれてこないよう断面を薄く漉き

トップラインのステッチを使い縫い止めて補強しています。

今回はオールソールとヴィンテージスティール

カウンターライニングのお修理でした。

カスタムはもちろんですがオリジナルの仕上げやデザインを

忠実に再現するようお修理させて頂きます。

ご依頼の際に仕上がりが

どこまでオリジナルを再現できるかなど

気になる点がございましたらお気軽にご相談下さい。

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

ありがとうございました。

青山店 中田