J.M.WESTON / シグニチャーローファー

J.M.WESTON / シグニチャーローファー

Dec 10, 2020

ローファーと言えばこの靴が真っ先に頭に浮かぶ方は多いのでは無いでしょうか。

IMG_1266.jpeg
J.M.WESTON / #180 | シグニチャーローファー

このローファーは本当に魅力的ですよねぇ。

どこかに特徴的なデザイン等がある訳では無いのですが、
見る度に、不思議と『良いなぁ』と思ってしまいます。

IMG_1267.jpeg 
今回お持ちいただいたのアッパーは、
廃盤になってしまったハンターグリーン。

これも良い色ですよねぇ。。。
素敵です☆

IMG_1275.jpeg 
ソールはオリジナルのままの状態でしたので、

IMG_1269.jpeg 
今回すり減ったツマ先には、

IMG_1400.jpeg 

IMG_1398.jpeg 
ビンテージスチールでの補強と、

IMG_1271.jpeg  
すり減ったカカトは、

IMG_1403.jpeg 

IMG_1402.jpeg 
オリジナルと同じラスターヒールで交換させていただきました。

IMG_1404.jpeg 
これで靴底のお修理は完了♬

さらに今回は
サイズが少し緩いという事で、
サイズ調整も行いました。 

IMG_1273.jpeg  
革靴を履いていてサイズが緩く感じてくると
カカトが抜けたり、足が前後に動いたりと、
気持ち良く快適に履く事が難しくなってしまいます。 

IMG_1272.jpeg 
そこで、新しく中敷を入れる事で、今より快適に履ける様になるケースもあります。

サイズ感が少し緩いと思われた時に、
先ずは中敷をお試しいただければと思います。

 
中敷を入れると言いましても、
ただ適当に革で作ってオリジナルソックシートの上から入れるのでは、
サイズ感が良くなったとしても、
仕上がりの景観としては、やや微妙な印象です。

そこで、
フィッティングも考えながら、
見た目も考えてサイズ調整していきます。 

IMG_1276.jpeg  
先ずはブランドネームの入ったソックシートを外します。

せっかくのお気に入りの1足。
大事にしたいブランドネームの上に中敷を敷いちゃうのはちょっとアレなんで、
ソックシートは外しておきます。

IMG_1277.jpeg  
元の中底の形に併せて新しい中敷を切り出していきます。 

IMG_1282.jpeg 
新しく切り出した中敷の上に最初に外したソックシートを貼ります♪

オリジナルのソックシートが一番上にあると
やっぱり良い感じですね☆

IMG_1287.jpeg 
最後に靴にセッティングして接着します。

IMG_1291.jpeg  
これで靴を脱いだ時でも
ほぼオリジナルと変わらない姿でお履きいただけます☆
 

IMG_1296.jpeg 
作製する中敷の厚みは靴の緩さによって調整が出来ます。

ユニオンワークス全店
サイズ調整のサンプルがありますので、
ご来店時にお悩みの靴に直接入れてお試しいただけます。 

 

革靴は履き込む事により皺が入り艶が増して、
良い味になってきますが、
同時に中底やコルクが沈んで、
少し緩くなってもきやすいです。

IMG_1407.jpeg 
少し緩い位のサイズ感であれば、
調整してあげる事でまた快適にお履きいただけるケースもございます。

  
お気軽にご相談いただければと思います。

新宿店  フナヤマ